国際物流総合展2024出展特設ページ

日本最大の物流展「国際物流総合展2024」に出展します!
< 2024年 9月10日(火) ~ 13日(金) 東京ビックサイト >

出展内容


革新的なオンリーワン包装でESG経営に貢献
~未来構想に新風を!~


TANAXはこれまで包装領域のリーディングカンパニーとして「包装課題の解決」に向けたソリューションをご提案してきました。
お客様の「包装起点の持続可能な物流」の実現へ効率化とコスト削減に加え、環境保護も考慮した最適なソリューションをご提案。
革新的なアプローチ・考え方で物流業界を未来の視点から変えていきます。

 


 実機出展 

日本初上陸!高さ可変封函機
「JIVARO PRINT」

 

 

 

・商品の高さに合わせて高速で最適封函
 箱の最適サイズ化で余分な緩衝材削減・積載効率向上を実現

・蓋のデザインも自由自在
 ロゴやキャンペーン等の印刷でプロモーション効果を発揮

・企業価値・顧客満足度の向上
 商品の最適包装及びお客様に合った蓋デザインを実現


国内導入実績No.1 段ボール加工機
「MIDI」
商品の3辺サイズにぴったりな段ボールを
1個からその場で自動製造

 

 

 

 

・作業時間削減で省人化
 資材選定時間や箱の加工時間を削減可能

・配送コストの削減
 包装サイズの最適化により配送コストの最小化を実現

・資材管理の簡素化
 多種多様な資材をPATADANシートに集約


環境配慮型 脱プラ緩衝材
「WavePAC」
従来のプラスチック緩衝材の代替となる​
環境に配慮した紙製エア緩衝材​

 

 

 

 

・脱プラ脱炭素​
 FSC®森林認証紙と生分解性プラスチックで構成​

・資材量大幅削減
 従来紙製緩衝材から最大80%削減可能​​

・ドイツで採用されたリサイクル性​
 リサイクルコード取得済み、資源ゴミ扱い可能​


 パネル展示 

3辺可変自動包装機「OPERA」
商品のサイズ計測からラベル張りまで全自動で行い、
商品サイズぴったりな包装が可能​
「幅広い商品サイズの包装」「配送コストの大幅削減」を実現
長さ可変全自動包装機「FAST PACK」
片面段ボールを用いたポストインサイズの包装​
「包装効率化や省人化」や「資材のコストダウン」、
「環境配慮型包装」に貢献
3辺可変自動包装システム「AUTOMATION」
AUTOMATIONはMIDIを軸として、前後ラインの​
設備を組み合わせた包装自動化・半自動化システム​​
カスタム可能な「高い柔軟性」で「省人化や配送コストの削減」を実現
3辺可変自動製函機「OPERETTA」
商品にぴったりサイズな箱の製造・組み立てを行う​ 
「包装効率化や省人化」を行うと同時に、​
「緩衝材や付属品の同梱」などにも対応可能​


展示会概要

3展示会名

国際物流総合展2024(Logis-Tech Tokyo2024)
会期 2024年9月10日(火)~13日(金)
開催時間 10:00~17:00
会場 東京ビックサイト(東京国際展示場)[〒135-0063 東京都江東区有明3丁目11-1]
ブース場所/小間番号 東4ホール / 4-103
展示会HP https://www.logis-tech-tokyo.gr.jp/ltt/

TANAXブース来場事前予約フォーム

あらかじめ弊社ブースにお越しいただけるお時間をご連絡いただけましたら、当日、スタッフが現地にて詳細をご案内いたします。
会社でお使いのメールアドレスをご記入ください。

お問い合わせ

ご相談・お問い合わせはお気軽に!